2011/08/25
夏の終わり、那須の自然 「風挙の滝」と「竜化の滝」
8月も残り僅かとなりました!
涼しい毎日が続いている那須では、夏も終わりに近づいているように感じます。
少し寂しいようですが、これからくる秋の紅葉などを考えるとワクワクしてしまいますね。

8月も終わろうとしているので、
涼しい場所としてのご紹介は、今夏最後になるかと思います。
(やはり、夏が終わるのは、寂しい。。。)

今回は、早朝の散歩がてら出かけた場所をご紹介します。

その場所は、「風挙の滝」と「竜化の滝」です。
こちらは、ホテルからお車で約40分前後の所にあります。
国道400号線を塩原温泉側にお車を進めて行くと、
400号線沿いに駐車場が見えてきます。

「竜化の滝入り口」の看板が、駐車場への目印となります。
駐車場からは、ゆっくりと歩いても30分かからないほどで、
「風挙の滝」と「竜化の滝」の両方を見ることができます。

駐車場から滝まで歩いていると岩が沢山目に付きます。
このあたりの岩は、材木をたばにしたような形をしたものが多くあり、
これらは溶岩が冷える時に凝縮して一定の方向にひび割れたものだそうです。
このような岩を【材木岩】と呼ぶそうで、町の天然記念物に指定されているそうです。

この場所も歩きやすく整備はされておりましたが、
やはり山道にはなりますので、歩きやすい靴や服装をお勧めいたします。

「風挙の滝」。
あまり大きな滝ではありませんが、連日続いていた雨のためか、水量が多く感じました。

そして「風挙の滝」から歩くこと約5分・・・・

「竜化の滝」に到着します。

塩原にある滝のうち、特に美しいとされる塩原十名瀑の一つで、
その中でも最長の130mもあるそうです。
高さは約60m、幅約5mあり、三段になり流れ落ちています。
滝の流れが竜が天を目掛けて登っていく姿に見えることから「竜化の滝」とつけられたそうです。

朝靄がとても神秘的な雰囲気を作り出しておりました。
滝の水しぶきがとても心地よく、清々しい朝を迎えることができました。

あまりにも水しぶきが気持ちよかったので、帰り道につい調子にのって靴を脱いで川に脚をつけてみましたが、
川の水は、冷たい!!
水があるとついつい入りたくなってしまうのは、なぜでしょう?(笑)

朝6時頃に出かけましたが、早朝のお散歩は、とても気持ち良いです!!!

この夏、那須周辺の色々な滝や自然を多く見てきましたが、
『那須は、素晴らしいな』と感じさせてくれるものばかりです。
もちろん那須の自然は、夏ばかりではありません!!
秋冬とまだまだお楽しみいただけるような季節が待っております。
皆さまも、是非、那須の自然を沢山感じて頂ければと思います。