2022/06/30
かなれっじ新聞 第9号 ブッフェで手巻き寿司♪
皆さま、こんにちは!レストランの佐藤です。
あまりにも早い梅雨明けと気温上昇に、体がびっくりしてしまいますが、いかがお過ごしでしょうか?
熱中症など、体調不良にお気をつけくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日、レストラン【旬彩 tsu・ba・ki】の夕食ブッフェに、手巻き寿司のコーナーができました!!
お席には空っぽのおひつ、ブッフェの寿司桶には酢飯をご用意しております。
お好きな具材をお皿に、酢飯をおひつにお取りいただいて、お席で手巻き寿司をお楽しみいただけます♪
ということで今回は、手巻き寿司について調べてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お寿司の歴史はとても古く、また全国各地に多種多様なお寿司が存在しています。
それらを丁寧に掘り下げると立派な論文が出来てしまうので、ここでは省略します。
太巻きなど多くの巻き寿司は、「巻き簾(まきす)」を使って綺麗に巻きます。
それに対し、手巻き寿司は、巻き簾を使わず手で巻きます。
読んで字のごとく、ですね。

由来について調べたところ、元はお寿司屋さんの裏メニューだった、江戸時代の賭場で手を汚さずに食べるために始まった、など諸説あることがわかりました。
その後、1980年代にお酢メーカーが手巻き寿司をテレビCMに取り上げた頃から、家庭で手巻き寿司を楽しむ文化が広がっていったそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回ブッフェで始まった手巻き寿司のコーナーには、ねぎとろや地魚マヨ、玉子焼き、グリーンカール(リーフレタス)などがございます。
お造りを隣にご用意しておりますので、こちらを手巻き寿司に巻いてお召し上がりいただくこともできます!
また、レストラン【旬彩 tsu・ba・ki】はメイン付きブッフェですので、途中でメインのお料理をお席までお持ちいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回もお読みいただき、ありがとうございました!
【旬彩 tsu・ba・ki】の夕食ブッフェで、手巻き寿司と静岡の食材を、ぜひお楽しみください♪