2018/02/26
飯盛山スノーシュー
フロント担当の岡田です。


先日野辺山高原の飯盛山へスノーシューに行ってきました。
飯盛山は蓼科からですと八ヶ岳の反対側に位置し車で1時間強で行くことができます。
野辺山駅はJRの駅で最も標高の高い駅として知られています。
その標高は1,345.67m、何とも覚えやすい標高ですね。

今回は平沢峠の獅子岩駐車場から登りました。
この獅子岩駐車場からの八ヶ岳の雄姿はまさに絶景です。
南北の裾野がはっきり見え、八ヶ岳が迫ってくる様な迫力があります。
南アルプスの甲斐駒ケ岳や日本第二の標高 北岳も望むことができ、感激でした。

駐車場からしばらくは林の中の登り坂を上がります。
雪が少なく感じましたが、それでもフカフカの雪の上に自分だけの足跡を付けながら歩くのは爽快です。
雪上にはウサギや野鳥の小さな足跡をたくさん見つけることができました。

平沢山手前まで登るとそこからは比較的平坦な登山道になります。
しかしそこからがびっくり!! 雪がほとんどありませんでした。
南斜面という事もありますが、2月中旬のこの時期で登山道の土が露わになっているとは全く想像もしていませんでした。

雪解けで道はぐちゃぐちゃ、靴が汚れるのを避ける為スノーシューを履いたまま歩くことにしました。

のんびり歩いて約1時間半で飯盛山山頂に到着。
この日は空気が澄んでいたので富士山もはっきり見ることができました。
風が強かったので、山頂から少し下った所で昼食を取りました。

帰りは平沢山を経由して下りました。
平沢山も南斜面は雪がなく、ごろごろした石の上をスノーシューを履いて歩きました。

今まで何回もスノーシューをしてきましたが、土の上をスノーシューで歩いたのは初めての経験でした。


蓼科エリアで飯盛山より標高の高い所ではまだまだスノーシューを楽しむことができます。
ぜひ冬の絶景を眺めながらのスノーシューハイクをしてみませんか。