2016/07/28
大涌谷情報
こんにちは。総支配人の齋藤です。

7月26日13:00より箱根ロープウェイの早雲山駅と大涌谷駅間の運転が再開されました。
今回の再開とともに大涌谷園地にも立ち入れるようになり、自家用車にて大涌谷駐車場まで行ける事になりました。(一部噴煙地の立入規制、夜間規制は引き続きあります)
地元宿泊施設として再開のイベントに参加して参りましたが、沢山の観光客の方々が久しぶりの大涌谷をそれぞれ楽しまれていました。噴煙が立ち上る風景はこれまで通りですが、ロープウェイ駅舎からは、噴気孔を上から見る事が出来たり、山の中腹までの樹木が枯れていたりと、今まで以上に迫力を感じます。

安全面ではガス濃度の常時モニターを設置、専属の監視スタッフを常駐させるなど万全の体制を取っており、今回のロープウェイ運転と園地立入の再開となりました。
この運転再開により強羅から桃源台間の観光ルートがつながったこととなり、ようやく以前の観光地、箱根が戻ってきたと強く感じました。やはり、利用人数がギネス登録されたロープウェイは箱根山の観光ルートの動脈なのです。
皆様も次回の箱根エリアへのお越しの際は、大涌谷にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに名物の「黒たまご」ですが、大涌谷園地にての販売を再開しており、これまで臨時で販売をしていた、パレスホテルさん近くの「黒たまご館4」ではもう販売をしておりませんので、ご注意下さい。
お昼に出来たての「黒たまご」をいただきましたが、やはり大涌谷で食べるのが一番美味しい。
また7年寿命が延びてしまいました。。

※詳しい規制情報等は県のホームページをご覧下さい。