2017/01/12
沼津 深海水族館
みなさま こんばんは
フロントの宇留賀です。

入社当初から恐れていた
【箱根の冬】を日々体験していますが
これからさらに冷え込むと考えると
自分の持っている洋服だけで足りるのかな、という考えしか出てきません、、

大繁忙期のお正月を越え、雪もちらつく翡翠は
クリスマス前の落ち着きをだんだんと取り戻しつつあります。

さて、私事ですが
先日いただいた休日で沼津港と深海水族館に繰り出してきました。
沼津港といえば、おいしい海の幸や、
ちょっと変わった深海生物のバーガーなどを扱うお店が
港の近くに賑わっています。
(判断を誤って出かける前にとんかつを食べてしまった私は
 指をくわえて見ていることしかできませんでした)

深海水族館は想像していたよりもはるかに小さく
しかし、展示されている生き物の面白さや、興味深さは
その建物の小ささからは想像できないほどでした。

大きく、もう生きていないにも関わらず
その迫力は類を見ないシーラカンスや、
見つめるとずーっとカメラ目線で見つめ返してくるボウズカジカとミドリフサアンコウ。
めいっぱい開いた手のひらがかわいいホンフサアンコウ
巨大なダンゴムシのような見た目で知られている
ダイオウグソク虫のゾーンには、もさもさとした見た目が愛くるしい
ハリモグラが眠っていました。

水族館や動物園も面白いですが
箱根から1時間、みなさまも深海の生物を身近でじっくり見て
沼津港のおいしい食べものに癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

これから冷え込む日々が続きますが
くれぐれもお身体にはお気をつけてお過ごしください。

箱根翡翠でみなさまのお越しをお待ちしております!