2011/11/20
『旨いもん便り』vol.9
こんにちは!! 和食担当の薬師神です。
11月も中旬に入り、朝晩冷え込むこの頃ですが、
和食ではどんどん新しい日本酒が入ってきております★

本日は、山口県の旭酒造株式会社さんの「獺祭」というお酒をご紹介いたします。
こちらまず読み方なのですが、「だっさい」と読むそうです。
初めてみたときはお恥ずかしながら全く読めませんでしたし、
とにかく何かおめでたいのだろうなという雰囲気だけが伝わってきたというレベルでした・・・。

旭酒造さんの獺祭のHPをご覧頂くと一番なのですが、
その由来というのが少し引用させていただくと・・・
『旭酒造さんの所在地である獺越(おそごえ)の地名の由来は「川上村に古い獺がいて、
子供を化かして当村まで追越してきた」ので獺越と称するようになったといわれておりますが、
この地名から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名しております。』とのことです。
いかがでしょう、なんだか日本昔ばなしのようですね!

さて、皆さまが気になるお味。 長くなりますがここが重要です!
まず製造段階で、山田錦を使った50%精白の純米大吟醸をベースに、
同じく39%精白の山田錦を使った純米大吟醸を8対2でブレンドしています。
ですので純米大吟醸50のしぼりたての爽やかさに、
磨き3割9分の華やかさを加味したとてもスッキリとした口当たりです!
なんといっても香りが良いですし、
こちらもお酒が弱い・あまり飲めないという女性の方にもおすすめです!
毎度ですが、季節・数量限定でございますので、
「和食 澪里」へお越しの際はぜひともお試し頂きたい一品です♪