2011/12/08
売店店長のツブヤキ vol.7
すっかり寒くなりました。 有馬の冬は厳しさを増してきました。

ロビーから見える美しい山々も、赤から茶色へと風景が変化しています。
きっとすぐに雪景色に変わっていくはずです。

一年の経過はとても早いですね。。。

皆さまは、今年の初めに決めた目標は達成されましたか?
私は・・・・・達成ならず・・・でした。
来年こそは、達成すべく、達成できそうな目標を決めようと思います☆笑☆
皆さまも、有馬の温泉に浸かりながら来年の目標・野望をお考えください。
きっと、素敵な目標が見つかるはずです♪♪

さて、売店店長のつぶやきですので、
しっかりと売店の商品をご紹介をさせていただきます。
今回は、有馬に昔からある佃煮屋さん、川上商店の『数の子昆布』のご紹介です。
数の子の食感がとても歯ごたえがよく、味付けは濃すぎず、
温かい白い御飯がほしくなる絶品です。
この時期だけの限定品です。
売店スタッフも自宅でリピートして食べています。。

おせち料理にも重宝される数の子ですが、
「子がたくさん生まれて、代々栄えますように」との由来があるそうです。

川上商店の先祖は吉野の国・川上郷の出身で、
建久二年(1191年鎌倉幕府設立の前年)、
有馬温泉中興の祖・仁西上人の案内人として有馬温泉に移り住んだとされています。
古文書によれば、室町時代には湯治客に周辺の野山で採れた、
「松茸・山椒・やまぶき」などを炊いて供したと記されています。
そんな由緒ある佃煮屋さんです。

ホテルから歩いて10分弱で、川上商店さんのお店があります。
試食もたくさん置いてくれていますので、ぜひお店にもお立ち寄りください。

数の子昆布 箱 ¥1,050