2023/02/06
春の気配  季会席
皆様こんにちは!

まだまだ寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

日本の暦の上では春を迎えておりますが、毎日寒くてそんな気はしませんよね?

さて、今回はそんな寒い日でも心温まる、レストラン新樹の和食会席『季会席』の献立を紹介させていただきます。

まず春といえば山菜!長野県は広大な山々に囲まれており、美味しい山菜がたくさん採れます。仕入れ状況にもより長野県産ではないものもありますが、こちらの献立にも多くの山菜を使用しております。中でもお勧めは「焼肴」の筍です。あく抜きをした筍を皮付きのまま炊き、半分の大きさのまま焼き提供致します。筍の香りと木の芽の香りが春を感じさせてくれます。

そして、鮑や青柳、鳥貝、北寄貝や蛤などの貝類もおすすめです。長野県は「海なし県」ではございますが、良質な貝を仕入れて調理しておりますので是非ご賞味頂きたいと思います。

そして、特におすすめなのが、からすみの羽釜御飯です!

昨年末に丹精を込め作った自家製からすみ。小角に切ったからすみを炊きあがった御飯に豪快にいれ蒸らし炙ってから提供致します。

ご飯だけでもとっても美味しく頂ける東御市産の『八重原謙太郎米』ですが、さらにからすみの濃厚な味わいが加わりお米の旨みが引き立ち、是非とも召し上がって頂きたい1品でございます。



こちらの献立は3.4月の献立となっております。当館にお越しの際は、是非レストラン新樹をご利用下さい。