スタッフブログ

記事検索

有馬六彩

藤会席のご案内

2024/07/07

皆様こんにちは。7/7(日)は七夕ですね。毎年この日は雨が多いですが、本日は夜まで晴れそうですね。皆さま、願い事はお書きになりましたでしょうか?

 

さて、本日は7.8月の藤会席をご紹介致します。

実際に試食し、是非お召し上がり頂きたいおすすめメニューでしたので自身の感想も加えながらメニューの一例をご案内したいと思います!

 

先附:トマトの釜盛り 鱧ちり 冬瓜 イエローズッキーニ
 順才掛け 土佐酢ジュレ 星陸蓮根 ピンクペッパー

トマトが器になっており、ジュンサイ、イエローズッキーニ、星形のオクラの上に土佐酢ジュレを掛けた涼しげな一品です。1品目に華やかな前菜がくると「次に何が来るんだろう」とワクワクさせてくれます。味わいも土佐酢ジュレでさっぱり、ジュンサイや鱧が夏の始まりを感じさせてくれます。

 

椀物:枝豆真丈

魚のすり身と枝豆を練りこんだ真丈の上に冬瓜と細く針のように切った雲丹が乗った吸い物です。料理長独自の鰹出汁を使ったお吸い物はいつも温かくホッとするお味です。このお出汁と枝豆の風味がマッチし、「あぁお酒が飲みたい」と思ったのは私だけではなかったはずです。

 

合肴:黒毛和牛ステーキ

石焼で登場するメインのステーキはジュージューと音を立てて見た目も食欲を沸かせますが、こちらのおすすめポイントは色んな薬味を付けながら食べられること!

山葵、山椒ドレッシング、薩摩醤油、有馬ピリ辛味噌と4種類の薬味でお召し上がり頂けます。薩摩醤油は総料理長出身の九州の甘めのお醤油。山椒ドレッシングは辛くなくお肉を爽やかに召し上がることができます。有馬ピリ辛味噌は少し付けると味のアクセントになりました。色々な味変をしながら食べてご自身の推しを見つけてください♪ピリ辛味噌と山椒ドレッシングは店頭で販売もしております。

 

御飯:鰻どんぶり

7月の食事は鰻どんぶりです。見た目も華やかで、ボリュームも丁度良いバランス。タレは掛かって提供されますが、お食事の最後のしめになるので味が濃くなりすぎることなく、お肉の後にお口直しも挟むので重くなりすぎることなくお召し上がり頂けます。8月には食事が【冷や汁】となり、こちらも九州の郷土料理となりますが、焼いた鯵の骨でとった出汁とすった鯵、焼いた麦味噌で冷たい味噌汁を作り、大葉や紅蓼などの薬味を入れたもの、ですが、本当に…美味しいんです。毎年夏に登場するおすすめ一品となっておりますので、是非7.8月は澪里へお越しください!

 

水菓子:フルーツみつまめ

みつまめって甘そう、と思っていました(←甘いものが少し苦手)しかしビックリしたのは食べてみると全くそんなことはなく、甘ったるいのが口に残る感じもなく、フルーツの酸味とみつまめと蜜が絡んでとてもとても上品な味わいでした。

あと皆様にお勧めしたいのが水菓子とご一緒に召し上がって頂く食後の煎茶です!こちらは私が以前レストランにいた頃から使っている高級緑茶「かなやみどり」のお茶屋さんに直々に美味しく入れる作り方をお伺いまして、本日まで引き継がれております!緑茶の温度設定や煎れ方もかなりこだわり、蒸らす時間も図っているので手間も掛かっているのですが、ホールスタッフはどんなに忙しくでも「コースの最後に出す大事な一品」として作っておりますので、是非最後まで嗜んで頂ければと存じます。

 

長くなりましたが、今回は藤会席をご紹介させて頂きました。

藤会席は三田和牛・神戸牛とお肉の種類もお選び頂けます。地元神戸の有名なお肉が選択できる唯一のメニューですので是非ご賞味くださいませ。

 

 

 

 


記事一覧に戻る